屋形船ガイド

もっと屋形船の魅力を知ろう

屋形船の歴史

屋形船の原型は、平安時代の頃からあったとされています。もっとも庶民が利用できるものではなく、もっぱら貴族たちの粋な舟遊びとして使われていました。 江戸時代に入ると、河川の発展などで非常に盛んになり、金銀漆塗りの豪華な船が誂えられ、名のある大名や商いを成功させた豪商たちが、芝居小屋の人気役者や美しい芸者などを乗せて宴会を催したとされています。特に隅田川の花火大会の折には、そういった船が何十隻も行き交い、大変な賑わいを見せたそうで、当時の著名な浮世絵などにもそういった情景が描き残されていますが、これも庶民には高嶺の花でした。 しかしこの時代の粋をよしとする江戸っ子庶民は、川沿いの料亭や船宿などが所有する、小作りで質素であるが趣のある船を利用して、舟遊びを楽しんでいたようです。 これらは、明治時代まで少しづつ下降しながらも続きましたが、大戦やその後の高度成長による河川の汚染などで衰退してしまいました。 近年になって、東京のみならず、横浜や名古屋、大阪などで人気が復活してきており、風景と味覚を楽しめるクルーズとして注目をあびています。

屋形船を子供と楽しむには

家族で子供も大人も楽しめるところに出かけたいというときに、屋形船を利用してみるのはどうでしょう。 貸切ばかりでなく乗り合いもあるので、少人数でも利用することが出来ます。 普段は陸から海を眺めることが多いですが、水の上から陸地を眺めるのは面白いです。春なら桜の季節にお花見、夏は花火大会や納涼、秋の紅葉など四季折々で景色も変わり、風情がありますし、昼でも夜でも船は出ていますので都合に合わせて出かけられます。 料理もお刺身やてんぷらなど和風の物だけでなく、お子様向けの物を頼むことが出来ますし、フレンチも用意できる船会社もあります。事前に乗船の日や人数と一緒ににお料理も予約をしておくのが良いでしょう。 船に乗るということで、ちょっとした旅行気分を味わえますし、水の上は開放感があります。お料理に獲れたてのお魚を食べて、江戸前のお魚の話でもしてあげればお子さんも喜ぶのではないでしょうか。 大人の宴会だけでなく、家族での利用も楽しいものです。

お気に入り船宿の紹介

屋形船で花火